設立1954

本社大阪市北区天神橋3-5-6

従業員<13.6>連1,337名 単847名平均42.2歳年収666万円

気温・湿度等の環境変化の影響を分析する環境試験器のトップ。電池、半導体の試験器も展開

環境試験機とは極温(極冷)、多湿(乾燥)、高圧(真空)などの特定の条件にさらすことで、例えば携帯電話やデジタル時計などの製品の耐久テストを行うための機械のことである。
この本業である環境試験機においての市場シェアは日本では約60%、世界規模でもアジアを中心に30%の高水準の占有率を誇る。
この他にも計測システム事業や、FPD装置の生産も行っている。


見逃している求人で一生が変わるかもしれません。日経就職Navi